ブルームテクノロジー

雑記

AIが導くスマートライフ:AI開発室Yの一日

AI開発室

AI開発室

プロローグ

はじめまして。AI開発室で働くYと申します。日々の生活と仕事の中で、AIを活用する責務を持った私が、AIに魅せられどのように頼っているのか、詳細にご紹介します。この記事を通じて、AIがもたらす豊かな暮らしをご体感ください。読者の皆さまがAIの可能性を感じ、生活に取り入れてみたくなるきっかけとなれば幸いです。

 ※本記事内の画像はAIにより生成されています。


起床から出社まで

「Alexa、おはよう。」

その瞬間、心地よい音楽が耳に届き、部屋の隅々から一日の始まりを告げるように明かりが灯る。今日は2010年代の洋楽ブルースが流れていた。まるで優雅なカフェにいるような錯覚を覚えながら、目を覚ます。

Alexaがその穏やかな声でニュースを読み上げ、天気予報と電車の遅延情報を伝える。「今日は午後から雨が予想されています。傘を持っていってください。」なるほど、忘れないようリストに追加しよう。

「Hey Siri, 職場までどのくらいかかる?」

一瞬で表示される通勤経路、遅延はなしと出てホッとする。念のため、再度確認してみるが、問題なさそうだ。

「Alexa、行ってきます。」

この一言で、家の電子機器たちは自動的にオフになり、ロボット掃除機が静かに動き出す。スマートホームに住む日常が、この一瞬で劇的に便利だと感じられる。

今日はAIに導かれる一日がまた始まる。


道すがら

通勤途中、Siriからおすすめのポッドキャストが流れ出す。「今日のYaさんにおすすめのポッドキャストです。」今日はお気に入りのお笑い芸人の最新エピソードだ。笑いをこらえながら電車に揺られるひととき。

スマートウォッチに目をやると、昨夜の睡眠データが表示される。「7時間28分の睡眠、心拍良好。」これで今日も元気に過ごせそうだ。心地よい振動と共に手首にフィットするこのデバイスは、まるで信頼できるパートナーだ。

Googleに表示されたAIおすすめのニュースを読みながら、移動時間があっという間に過ぎるのを感じる。かつてニュースは自ら探すものであったが、今やAIが的確に選び出してくれる。この進化に、毎朝感謝する。

オフィスに到着するやいなや、スマホが自動で仕事モードに切り替わり、一切の通知がシャットアウトされる。これで集中して仕事を進められる。


朝の仕事

まずは未完了のサービス利用規約を読み解かなければならない。英語のページだが、Notionを活用すれば要約もスムーズに進む。

この記事を作成するにはどうするか?ChatGPTに頼ってみよう。しっかりと内容を把握し、効率的に文章を組み立てていく。

その合間に、スマートフォンに通知が届く。それは同居しているロボットからだった。

「掃除中にブラシが挟まって動けません。」

またか。手のかかるやつめ。賢いだけあって、やはり人の手が必要な場面があることに微笑んでしまう。AIと人間が協力し合う時代を実感する一コマだ。


ランチタイム

ランチタイム、周辺のレストラン検索はAIの得意技だ。「Alexa、近くで美味しいランチのオススメを教えてくれ。」Alexaはレビューや混雑情報をもとに最適な候補をいくつか挙げてくれる。

今日は新しいカフェに挑戦する気分だ。評判も上々、期待が高まる。ランチを楽しみつつ、スマートフォンで再度ニュースをチェック。AIが最新技術やトレンドの記事を的確にキュレーションしてくれる。やはり、ランダムにスクロールするよりも効率的だ。


午後の仕事

ランチの後、午後の仕事に取りかかる。今日は特に文章作成に集中する必要がある。ChatGPTにアイデアを入力し、まとまりのある文章を生成してもらう。

専門知識が必要な部分については、BingなどのAI搭載の検索エンジンに頼り、最新の論文や資料を引用して具体的な内容に仕上げる。休憩中にはニュースフィードとSNSを欠かさずチェック。AIはここでも的確に役立つ情報を提供してくれる。

トラッカーが水分補給を提案し、冷えた水を口に含むと一日の疲れが和らぐ。


帰宅とリラックスタイム

帰宅後、家のスマート照明が自動でリビングを温かい光に包み込む。今日の夕食のレシピをAlexaに尋ね、新しい料理に挑戦してみるのも楽しみの一つだ。

「冷蔵庫にある材料で何が作れる?」

Alexaはふんわりとした声で、冷蔵庫の中身から最適なレシピを提案してくれる。料理をしながら、普段経験しない新しいフレーバーにわくわくする。


フィットネスアプリでのトレーニング

夕食後は、AI搭載のフィットネスアプリでの運動タイム。個人の進行具合や体調に最適化されたトレーニングプランで、効果的なエクササイズを実践できる。自宅のリビングがジムに早変わりする瞬間だ。


夜のリラックスタイム

一日の終わりには、AIがリラクゼーションのお手伝い。リビングルームの照明が柔らかく光を落とし、癒しの音楽が流れる。

就寝前の読書も忘れずに。AIが過去の読書履歴からおすすめの本を提案してくれるため、新しい一冊を手に取るまでの悩む時間が省かれる。

「Alexa、おやすみ。」

部屋は暗く、一日の疲れを癒す音楽と心地よいエアコンの風に包まれる。AIがいる生活の豊かさを噛み締めながら、深い眠りに落ちていく。世間では「AIに仕事を奪われる」と騒ぐ声もあるが、私の生活ではむしろAIが一部の仕事を代替し、より豊かな時間を提供してくれている。


おわりに

生成AIのブームが訪れ、世はまさに大AI時代。「AIに仕事を奪われる…」なんて声も多いですが、ぜひAIをフル活用して仲良くしてみるとまた違った世界が見えてきます!
今後、より世界を便利な方向にも導いてくれる仲間として一緒に生活してみることもおすすめです!