ブルームテクノロジー

雑記

32歳が語る「銭湯 愛」

32歳が語る「銭湯 愛」

こんにちは。データサイエンス課のSです。

突然ですが皆さん、最近「銭湯」行かれてますか?

社内いちの銭湯マニア(風呂好き)と自負する私

この場を借りて銭湯の良さを語らせてください

銭湯の良さとは…

長年通っていて感じる銭湯の良さ

それは「癒し」と「交流」です

銭湯は「癒しの場」

言わずもがな、日本人にとっての風呂は特別な「癒しの場」

*そこに広がるは「非日常的な空間」*

「お風呂なら家でも入れるけど…」、、いえ、違います

冷めることのない広々とした浴槽

ジェットバスにうたれ、がばっと足を伸ばす

「湯に浸かる」は同じでも、自宅では味わえないがここにあります

また、湯舟では自然と「電子端末」から離れられる

それも銭湯が非日常的な空間となり

「癒し」へと繋がる要因かもしれませんね

*自律神経が整う場*

銭湯ならではの「水風呂

熱めの湯舟 → 水風呂 → そして湯舟へ

サウナブームであるように、これが本当に気持ちが良い

温冷効果による自律神経の改善が

日頃のストレスを吹き飛ばしてくれます

※水風呂が苦手な方は無理をせず

銭湯は「交流の場」

現代社会にとっても大切な交流の場、それが街の銭湯

*友人との交流*

気の合う友人とも良し、会社の同僚でも良し

「最近どうだ?」「実はさ、〇〇があって」

「いやー疲れたな」「聞いてくれよ、〇〇がさ…」

何気ない会話が盛り上がる

そんな不思議な空間が銭湯です

ps. 湯上りのビール(ご飯)が旨いのなんの!

*家族との交流*

週末に家族揃って近くの銭湯へ

わがままな娘も不思議と銭湯ではお利口さんに

他人と同じ湯を交わす、そんな日本ならではの文化に

社交性を学ぶ不思議な力を感じるこの頃です

「夕暮れ時、銭湯帰りの道中もまた

思い出の1ページになっていくのかと..」

コブクロの曲のような語り口調になってしまいましたが

家族との銭湯もこれまたおすすめです

最後に

仕事ではパソコン画面に張り付き

肌身離さず持ち歩くスマホからは様々な情報が

そんな情報化社会から切り離された空間

これもまた、銭湯の魅力かもしれません

また、浴室では当然のごとく皆「はだか」

役職やブランド品など関係なく

「湯舟では誰もがボーダーレス」

日本人で良かったと感じる瞬間ですかね

最後まで読んでいただきありがとうございます

さあ、読んでいただいている電子端末をそっと置き

癒しの銭湯へ、いざ!